Hack Your Design!

reviewdogを使ってCI上でRuboCop自動レビューを動かす

(image)reviewdogを使ってCI上でRuboCop自動レビューを動かす

rubocopの自動レビューをreviewdogを使ってやってみたのでその知見です。

Auto-RuboCop on CircleCI powered by reviewdog

僕の作っているプロジェクトでrubocop自動レビューをCircleCI上で設定してみました。そのプルリクエストを見てもらうのが一番早いと思いますので、下記リンクより差分を確認してください。

https://github.com/toshimaru/RailsTwitterClone/pull/254

1. config.ymlの設定

基本的には公式READMEのCircleCIセットアップ手順通りですが、まずは下記のようにreviewdogのバイナリをcurl経由で落とします。

# 環境変数でダウンロードするreviewdogのバージョンを指定
environment:
  REVIEWDOG_VERSION: "0.9.11"

# reviewdogをcurlでダウンロード
- run:
    name: Install reviewdog
    command: |
      curl -fSL https://github.com/haya14busa/reviewdog/releases/download/$REVIEWDOG_VERSION/reviewdog_linux_amd64 -o reviewdog && chmod +x ./reviewdog

2.コメントできるTokenを取得 & 設定

reviewdogにコメントさせるためにはコメントできる権限を持ったGitHub Tokenが必要になります。下記手順でGitHub Tokenを取得してください。

  • アクセストークンの取得ページにいく
  • 下記の権限を設定してTokenを発行
    • Privateレポジトリの設定: repoをチェック
    • Publicレポジトリの設定: public_repoをチェック

これでTokenが発行できましたので、次にそのTokenの設定です。

  • CircleCIの環境変数の設定画面を開く
  • 下記の環境変数を設定
    • REVIEWDOG_GITHUB_API_TOKENの値に前手順で取得したTokenを設定

これにてreviewdogにコメントできる権限が付与されました。

3. rubucopの結果をreviewdogで通知

あとはいつも通りのrubocopのコマンドをパイプしてreviewdogに渡してあげればOK。その際のオプションは -f=rubocop(rubocopフォーマット指定), -reporter=github-pr-review(GitHub PRレビューコメント形式の指定) の2つを指定します。

- run: bundle exec rubocop | ./reviewdog -f=rubocop -reporter=github-pr-review

完成yamlイメージ

.circleci/config.ymlの完成イメージは下記です(完全なyamlファイル当該Pull Requestより確認してください)。なおCircleCIはversion2.1を使用していることに注意してください(現時点の最新バージョン)。

version: 2.1
executors:
  default:
    working_directory: ~/app
    docker:
      - image: circleci/ruby:2.5-node-browsers
        environment:
          RAILS_ENV: test
          REVIEWDOG_VERSION: 0.9.11
jobs:
  rubocop:
    executor:
      name: default
    steps:
      - checkout
      - bundle_install
      - run:
          name: Install reviewdog
          command: |
            curl -fSL https://github.com/haya14busa/reviewdog/releases/download/$REVIEWDOG_VERSION/reviewdog_linux_amd64 -o reviewdog && chmod +x ./reviewdog

なぜreviewdogなのか

ruboop自動レビューのためのツールとして、既にあるツールにSaddlerprontoなどがありますが、なぜそれらを使わずにreviewdogを採用したのかというと下記の理由からです。

  • Goのシングルバイナリポン置き(curlワンコマンド)でSetupがめちゃくちゃ楽
  • Language Agnostic(Ruby以外もGo, PHP, Pythonなど他言語で使える)
  • Go実装でパフォーマンスが良い
  • Activeにメンテされている
  • READMEドキュメントが充実している
  • 日本人が作っている!!(おまけ理由

最後に

本記事ではRubyプロジェクトのrubocop checkをreviewdogを使ってCircleCI上で動かす例を紹介しました。

公式READMEにはTravisCI上での動かし方であったり、GitHubの新機能・GitHub Checks形式での動かし方も記載されておりますので、興味があるかたは公式READMEをご参照ください。

参考資料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus