Hack Your Design!

MySQLで連番の仮想表を作る

(image)MySQLで連番の仮想表を作る

やりたいこと

MySQLで実テーブルを参照せずに連番のデータを生成したい。

前提環境

  • MySQL 5.7

方法

下記のようなSQLでやりたいことが実現できます。

SELECT @seq_no := 1 AS seq_no
UNION
SELECT @seq_no := @seq_no + 1 AS seq_no
FROM information_schema.COLUMNS
LIMIT 10;

ポイントとしては下記の通り。

  • 全体の構成としては、2つのSELECT文をUNIONを使って結合しているというもの
  • @seq_noという変数を用意
  • 1つ目のSELECT文で変数を初期化する
  • 2つ目のSELECT文で初期化した変数のインクリメントの処理を行う
    • その際にデータ件数を確保するために、MySQLで最初に用意されているinformation_schema.COLUMNSを参照する(中身のデータは実際には使わない)
    • LIMITで取得したいデータ件数を指定する

このSQLで得られる結果は下記の通り。

seq_no
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

これで1から10までの連番のデータをSQLだけで得ることができました。

応用編

上記で紹介したテクニックを使えばいろいろなことがSQLで実現できます。

0からデクリメント

まずはインクリメントの逆、デクリメント。

SELECT @seq_no := 0 AS seq_no
UNION
SELECT @seq_no := @seq_no - 1 AS seq_no
FROM information_schema.COLUMNS
LIMIT 5;

結果

seq_no
0
-1
-2
-3
-4

値を倍加させる

値を倍々にしていってみます。

SELECT @seq_no := 1 AS seq_no
UNION
SELECT @seq_no := @seq_no * 2 AS seq_no
FROM information_schema.COLLATIONS
LIMIT 10;
  • information_schema.COLUMNS を使うとseq_no値が大きくなりすぎてしまいDOUBLE value is out of rangeというエラーが発生するのでinformation_schema.COLLATIONSを使用

結果

seq_no
1
2
4
8
16
32
64
128
256
512

直近30日間の日付をリストアップ

直近30日間の日付をリストアップしてみる。

SELECT CURDATE() - INTERVAL seq_no DAY AS date
FROM (SELECT @seq_no := 0 AS seq_no
      UNION
      SELECT @seq_no := @seq_no + 1 AS seq_no FROM information_schema.COLUMNS
      LIMIT 30) tmp;

結果

date
2018-09-24
2018-09-23
2018-09-22
2018-09-21
(…省略…)
2018-08-27
  • 執筆時点の今日の日付は2018-09-25
  • CURDATE()からseq_no日分を引き算して日付を出力

注意点

  • information_schema.COLUMNSを使った場合、LIMITで指定できる値はinformation_schema.COLUMNSのMAX値までという成約がある
  • MySQL7から導入されたWITH syntaxでCTEすればもっとシンプルにクエリが書けそう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus