Hack Your Design!

JekyllのGitHub PagesへのデプロイをGitHub Actionsを自動化する

(image)JekyllのGitHub PagesへのデプロイをGitHub Actionsを自動化する

Jekyll製英語ブログのGitHub PagesへのデプロイをGitHub Actionsで自動化したのでそのメモ。

今までのデプロイ方式

今までどうページソースをGitHub Pagesに自動デプロイしていたかでいうと、Jekyllでgit pushをフックしてGithub Pagesへ自動デプロイするようにしていた。

この方法でも全く問題ないがセットアップがやや面倒。なので英語ブログは手動デプロイ状態のまま放置していた。今はGitHub Actionsを使ったデプロイ方式がナウそうだ、とのことで重い腰を上げてその方式をトライ。

新しいデプロイ方式

対応したPull Request: Deploy Automation with GitHub Actions · toshimaru/blog.toshima.ru

やっていることとしては至ってシンプル。

  • masterブランチで変更があった場合にActionをトリガー
  • bundle install
  • jekyll build
  • 生成した静的コンテンツのデータをpeaceiris/actions-gh-pagesを使ってgh-pagesブランチにデプロイ

GitHub Actions Configuration

実際のyamlファイルの設定は下記の通り。

on:
  push:
    branches:
      - master
jobs:
  gh-pages-deploy:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: Set up Ruby
      uses: actions/setup-ruby@v1
      with:
        ruby-version: 2.7
    - name: bundle install
      run: |
        bundle config set path 'vendor/bundle'
        bundle install
    - name: Jekyll Build
      run: bundle exec jekyll build
    - name: Deploy
      uses: peaceiris/actions-gh-pages@v3
      with:
        personal_token: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
        publish_dir: ./_site

従来と比べて良い点

gh-pagesブランチにpushするにあたってsecrets.GITHUB_TOKEN でトークンをセットするだけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加