無償版G Suite終了にともないプランアップグレードしたけど、サポートに問い合わせて無償版G Suiteに戻してもらった

(image)無償版G Suite終了にともないプランアップグレードしたけど、サポートに問い合わせて無償版G Suiteに戻してもらった

結論

先に結論だけ書きます。ここだけ押さえておけばOK。

  • 「無償版G Suite終了」という方針が撤回され、継続されることになった
  • まだ無償版からアップグレードしていない方: こちらから申請
  • 既にアップグレード対応してしまってた方: サポートに問い合わせれば :ok:

無償版G Suiteが終わる!?

独自ドメインでメールアドレスを運用する場合、無償版G Suiteが定番でした。

無償版 G Suiteの新規契約は、2012年12月5日をもって終了しており、現在新規契約は停止しています1

しかし、2022年一月に無償版G Suiteの終了がアナウンスされました。これにより、長らく無償版G Suiteを使用していたユーザーはアカウント移行を余儀なくされるかたちとなりました。

しかし、結論としては無償版G Suiteは継続されることになりました。それに至る経緯をまとめたいと思います。

対応タイムライン

個人的な対応タイムラインを時系列で追います。

  • 2022年1月下旬: rebuild.fm で無償版G Suite が終了することを知る
    • この時点で僕のG Suiteアカウントに日本語のアナウンスメールは無し
    • この回で話されているように、影響を受ける人も多くクラスアクションが取られることを考えると有償化方針は撤回される可能性もあると考え、この時点では特にアクションせず様子見をすることに
  • 2022年4月上旬: Googleから無償版G Suite終了のアナウンスメールがアカウントに届く
    • この頃から本格的にアカウント移行のための準備を始める
    • 手始めに、無償版G Suiteアカウントを最小限にするために、家族のために作成したアカウントのGmail移行を行う
      • 幸いにも家族アカウントはヘビーに運用していなかったのですんなりいった
  • 2022年5月上旬:
    • 謎の「料金不要化のオプション」が登場したが詳細不明
    • 有償化アップグレード後も「3ヶ月無料、一年は1アカウントあたり月額300円」とのことだったので、とりあえずこのプランを契約して一年アカウントを延命することにした
  • 2022年5月17日: パーソナルユースのアカウントは無償版G Suiteは継続されることが発表された
    • 既にアップグレードしてしまった人に関してはサポートに問い合わせを行えば対応してもらえるとのことだったので、サポートに問い合わせた
      • 状況を伝えるとすんなりわかってくれた
      • やりとりの中で同意書への同意を求められた
      • 同意後、移行を進めます、となった
      • 移行完了後にメールで連絡するとのこと
      • (もうすぐ一週間がたつがまだ無償版への移行は未完了)

ということで現在は一度アップグレードしてしまったプランを無償版G Suiteに戻してもらう移行手続きの途中ということになります(移行完了後にまたこちらに報告します)。

無償版G Suiteが終了した場合どうしていたか?

今回は無償版G Suiteが継続されることになったから良かったものの、ついでに本当に無償版が終了していた場合に対応はどうしていたかも書いておこうと思います。

いろいろ検討した中では、最終的にはCloudflare Email Routingが一番良さそうでした。

Cloudflare Worker にルーティングしてEメール処理をゴニョったりもできて、カスタマイズ性・拡張性に富み良さそうでした。

いつか来る有償化の流れに備えを

今回のアナウンスに伴い、アカウントを削除・移行したり、その作業に多くの時間を費やした方も多くいらっしゃるのではないかと思います。残念ながら削除したアカウントは戻ってきませんし、費やした時間・労力も当然戻ってきません。

先般も楽天モバイルの0円プラン廃止が話題となりました。こういった”おいしい”無料プランは未来永劫続くわけではないことを肝に命じて、いつか来る有償化の流れに備えておく必要がありそうです。

参考