Hack Your Design!

RSpecが通ったり落ちたりしたときにはseed値を指定する

RSpecがたまに落ちたり通ったりする。そんなときはRSpecのテスト実行順序によりテストがFailしている可能性が高い。つまりあるテストがあるテストの実行後じゃないと通らない、みたいな状況に陥っている可能性があり、これは順番に依存したテストなのでよろしくない状態である。

バージョン情報

  • rails (4.1.5)
  • rspec (3.1.0)

Random order RSpec

RSpecを順番に依存させないためにspec_helper.rbでこんな設定がされている。

# Run specs in random order to surface order dependencies. If you find an
# order dependency and want to debug it, you can fix the order by providing
# the seed, which is printed after each run.
#     --seed 1234
config.order = "random"

この設定によりテスト実行の順序がランダムになり、順序に依存しないテストの記述が可能となる。シード値はテストの最後に得られる。

Randomized with seed 724

シード値を指定して実行

Failしたテストのこのシード値を設定してテストを走らせればFailしたテストの順番を再現できる。

$ bundle exec rspec --seed 724 --fail-fast

--seedでシード値を指定、--fail-fastを設定してFailしたときにテストを即時終了させるようにする。

こうすればFailするテストを再現できて、どのテストがどこでテスト実行順番に依存して落ちているのかがわかります。

参考

ランダムに落ちるspecの修正で便利だったRSpecの2つの設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus