Hack Your Design!

MacでWi-Fiのシグナル強度を調べる

カフェなんかでWi-Fi使っていると、Wi-FiがつながりにくくなってWi-Fiシグナル強度が弱いのかなーとか思って、シグナル強度調べるアプリを探していたところ、Mac標準搭載のアプリで発見。

アプリ名は「Wireless Diagnostics」。場所は自分の環境(Mountain Lion)で/System/Library/CoreServicesにありました。

手順

  • Wireless Diagnostics を開く。(コマンド: open /System/Library/CoreServices/Wireless\ Diagnostics.app
  • Utilitiesを開く(⌘2)
  • Wi-Fi Scanのタブを選択してScan Nowをクリック。

mac wi-fi scan

本画像のRSSI(Received signal strength indication)がシグナルの強度となります。値が高い方が「シグナルが強い」という意味になります。

詳しい説明を引用しておきます。

シグナルの数値は、MacとWi-Fiアクセスポイントまたはルータ間のシグナルの強度を示します。数値が大きいほどシグナルは良好です> 。数値はマイナス表示なので、「-60」の方が「-80」よりも良好ということになります。

ノイズの数値は、シグナルの障害となるワイヤレスノイズの大きさを示しています。この場合、数値は低いほうが良好です。ノイズも> マイナス表示なので、ノイズレベル「-94」の方が「-90」よりもノイズが少なくて良好なネットワーク状態である、ということを示し> ています。

シグナルとノイズの数値を比較し、シグナル対ノイズの比率(SNR)を導き出しましょう。信号レベルが「-60」でノイズレベルが「-91」の場合、数値の差は「31」になります。SNRが高ければ高いほど、Wi-Fiのパフォーマンスが良好であることを示します。SNRが25以上であれば、Wi-Fiのパフォーマンスは良好といえるでしょう。

(Wi-Fiの電波が弱い? Macには診断ツールを標準搭載しております)

Wi-Fiのパフォーマンスを調整したいときに是非つかいたいツールですね。

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus