Hack Your Design!

Gitのrevertの-m(mainline)オプションについて

git revertしているとこんなエラーに出くわしました。

$ git revert xxxxx
error: Commit xxxxx is a merge but no -m option was given.
fatal: revert failed

「コミットxxxxxはマージだけど、-mが指定されていないよ!」ってことなんですがどういうことでしょう?

普通に考えてみると当然のことで、マージコミットですからrevertといったときにどのブランチ状態に戻るかを指定しなければrevertできないよということです。つまり下記のようなヒストリーがあったときに、

*   1459267 - Merge pull request #4 from branch3
|\
| * 344fd52 - (branch3) Add sentence
| * 2b30235 - add file
* | dbc65f4 - add revert commit2
* | f0b0a91 - add revert commit 1

<1459267>のマージをrevertした場合に、<344fd52><dbc65f4>かどっちに戻すかがわかんないっちゅうことです。

このmainlineは1から始まり「1がマージされた側のブランチ」「2がマージする側のブランチ」になるようなので多くの場合、前者に戻したいと思うので1を指定しとけばよいということになります。結果としては下記のコマンド。

$ git revert -m 1 1459267

以上でした。

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus