Hack Your Design!

packerを使ってDigital Ocean上にイメージを作成する

(image)packerを使ってDigital Ocean上にイメージを作成する

<前回のあらすじ>
1円クラウド・DigitalOceanのインスタンスをVagrantで上げて、puppetでプロビジョニングする

packerを使ってDigital Ocean上にイメージを作成してみたのでそのときのメモ。

Packerとは?

VagrantがVMの構築とかAWS/Digitgal Oceanでのインスタンス作成とかを抽象化して、プログラマブルにすることが可能なツールだとしたら、Packerはそれをさらに抽象化して、1つの設定ファイル(JSON)からAWS, Digital Ocean, VirtualBox向けのイメージを作成できるツール。

Digital Oceanにイメージ作成する

今回はDigital Oceanにイメージを作成した。まずはpakcer用のディレクトリを用意。

$ mkdir packer-test
$ cd packer-test

次にpackerの設定ファイルを用意。ファイル名は何でもよいっぽい。

$ touch Packer.json

このように書く。

{
  "builders": [
    {
      "type": "digitalocean",
      "client_id": "your_client_id",
      "api_key": "your_api_key",
      "image_id": 1505447,
      "region_id": 3,
      "size_id": 66
    }
  ],

  "provisioners": [
    {
      "type": "shell",
      "script": "setup.sh"
    }
  ]
}

builderでタイプをチョイス。今回はdigitaloceanを選択。client_id, api_keyを設定。image_id,region_id,size_idのint値についてはこちらのDigitalOcean APIを見るとよいっぽい。

プロビジョニングのタイプは今回はシンプルにshellを設定。適当にsetup.shを作る。

$ echo "echo 'hello world'" > setup.sh

Packer!

packerビルドしてみる。

$ packer build Packer.json
digitalocean output will be in this color.

==> digitalocean: Creating temporary ssh key for droplet...
==> digitalocean: Creating droplet...
==> digitalocean: Waiting for droplet to become active...
==> digitalocean: Waiting for SSH to become available...
==> digitalocean: Connected to SSH!
==> digitalocean: Provisioning with shell script: setup.sh
    digitalocean: hello world!
    digitalocean:
==> digitalocean: Gracefully shutting down droplet...
==> digitalocean: Creating snapshot: packer-1395033724
==> digitalocean: Waiting for snapshot to complete...
==> digitalocean: Destroying droplet...
==> digitalocean: Deleting temporary ssh key...
Build 'digitalocean' finished.

==> Builds finished. The artifacts of successful builds are:
--> digitalocean: A snapshot was created: 'packer-1395033724' in region 'San Francisco 1'

結果

Before,Afterで見てみる。

Before:

before

After:

after

イメージのスナップショット(packer-1395033724)が作成されてますね。

最後に

packerはあくまでもイメージを作成するツールであり、イメージを管理するツールではないようです。

Packer only builds images. It does not attempt to manage them in any way.

See. http://www.packer.io/intro/getting-started/build-image.html

また、buildersの設定を変更することで、Amazon EC2Google Compute Engineとかにもイメージ作成できるようですね。

Github Repo

今回使ったものをGithubにおいておきます。

https://github.com/toshimaru/packer-digitalocean-sample

参考


この記事を気に入っていただけたなら下記のリファラルリンクよりDigital Oceanにご登録いただけますと筆者が喜びます(*´ω`*)

digitalocean

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus