Hack Your Design!

rubyの破壊的メソッドと非破壊的メソッドのパフォーマンス比較

Rubyの破壊的メソッドと非破壊的メソッドってどっちが速いのだろう? 直感的には破壊的メソッドのほうが速そうだけど実際は…ということで調べてみた。

Rubyのバージョンは2.2です。

require 'benchmark'
n = 100_000

Benchmark.bm do |x|
  x.report("非破壊的") { n.times { {a: 1, b: 2, c: 3}.merge(d: 4) } }
  x.report("破壊的") { n.times { {a: 1, b: 2, c: 3}.merge!(d: 4)  } }
end
user     system      total        real
非破壊的  0.330000   0.010000   0.340000 (  0.337557)
破壊的  0.170000   0.000000   0.170000 (  0.177394)

破壊的のほうが速い。

破壊的メソッド (「!」が付くメソッド) はそうでないのに比べ概して高速。 しかし最近は非破壊的メソッドも高速化されてきているので以前ほど 違わなくなってきているのは確かだ。 たとえば gsub と gsub! だと作業自体は gsub のほうが高速だったりする。 計測してみると非破壊的メソッドが遅いことが多いのは、 無駄なオブジェクトが増えて GC が起きているからである。

via. LoveRubyNet Wiki: OptimizingRubyProgram

なるほど。gsubでも検証してみよう。

Benchmark.bm do |x|
  x.report("非破壊的") { n.times { "hello,\nworld\n".gsub(/(\r\n|\r|\n)/, "<br />") } }
  x.report("破壊的") { n.times { "hello,\nworld\n".gsub!(/(\r\n|\r|\n)/, "<br />") } }
end
user     system      total        real
非破壊的  0.410000   0.010000   0.420000 (  0.420611)
破壊的  0.420000   0.000000   0.420000 (  0.418214)

こちらは結果はほとんど変わらなかった。

まとめ

多くの場合、破壊的メソッドのほうが速い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus