Hack Your Design!

カナディアンビールの紹介

(image)カナディアンビールの紹介

ビール Advent Calendar 2013の9日目の記事になります。

せっかく今現在カナダに滞在しているのでカナダで購入できるビールをいくつか紹介してみます。カナダ、と言いましたが正確にはカナダのブリティッシュコロンビア州、バンクーバで買えるビールとなります。

カナダのビールについて

カナダのリキュールストアなんかに行ってとても驚くのが、いわゆる「地ビール」が多いことです。日本だと地ビールって道の駅のような地域と密着しているような店でしか買えないイメージなんですが、カナダだとリキュールストアに行けば大体多くの種類の地ビールを見かけます。

例えば2013年のカナディアンビールアワードの一覧をざっと見ただけで、いろんな州からのいろんなビールがエントリーされていることが見て取れます。

いろいろなタイプのビールがあることも驚きです。日本産の名の通っているビールは微妙な違いこそあれ、大体味に大差はないかと思います。上リストにもあるようにカナダのビールは○○スタイルビール、○○エールやフレーバーのあるビールなど、様々な種類のビールが置いてあり、嗜好に応じてそれらの中から好きなビールをチョイスすることができます。

中でも僕が好きなのはアルコール度数高め、ホップの苦味が聞いているIPA、インディアンペール・エールです。なので今日はIPAのいくつかを紹介します。

Granville Island IPA

beer 1

こちらはバンクーバー、グランビルアイランドからのIPA。アルコール度数は6%。IPAの中でもそこまでクセが強くなく比較的飲みくちのスッキリしたIPAです。

Phillips IPA

beer 2

続いてはビクトリアのお隣、ビクトリアからのIPA。アルコール度数は6.5%。先ほどのグランビルアイランドのビールとアルコール度数こそ大して変わりませんが、こちらはわりとクセが強め。ホップの苦味がはっきり感じられるIPAです。僕はこれくらいの方が好きですね。

Parallel 49 Brewing IPA

beer 3

最後にParallel 49醸造所からのIPA。こちらのアルコール度数は7.2%と今回紹介する中では最もアルコール度数の高いビールです。魔導師がホップを前に呪文を唱えているかのようなラベルがとても素敵です(カナダビールはラベルデザインも個性的で面白い!)。

強めなので1本ビールを飲んだだけでもけっこういい感じに酔えます。(アルコール苦手な人は注意!) アルコール強者であれば2番めのPhillipsからDouble IPAという名の8.5%のビールもあるのでバンクーバにお越しの際は試してみるかとよいと思います。

最後に

以上、カナダからIPAの紹介でしたー。他にもいろんな興味のあるビールがあるので滞在中にいろいろ試してみたいと思います!

余談になりますが、ルートビア(Root Beer)というビールと名のつくノンアルコールビールがあるのですが、名前に騙されて買ったのだけどもゲロマズだったので注意!(沖縄でも買えるみたいです) 名前に騙されるな!

あと、日本で美味しいIPA飲めるところあったら教えてください。

追記

本アドベントカレンダー二日目でhokacchaさんが「インドの青鬼」という日本で買えるIPAを紹介していました。今度日本帰ったら飲んでみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus